ふくおか森づくり日記

ふくおか森づくりネットワークのブログ

2/19(月)視点・論点 高槻成紀先生「身近な自然をじっくり眺める」

R0013572 - コピー

2010年に森の講座で講師をしていただいた高槻成紀先生

あすNHKの視点・論点という番組でお話をされるそうです。
2018年2月19日(月)
 
写真はフッキソウのなかま。
グランドカバーとして、庭や公園に使われます。
山ではシカが好まない植物。

 
【しばりん】

椿まつり会場で 油山グリーンウッドワーク体験会3/4(日)

GWWチラシ圧縮


 グリーンウッドワークとは、手道具を使い、伐ったばかりの
やわらかい生木を削って行う木工の事です。
ざくざく簡単に削ることもできるので、お子様でも安全に
楽しめます。
今回は「木のクレヨン」や「小さなお家オブジェ」など、かわいい
作品に挑戦!プレワーク参加者は、森に入って素材の調達も
行いますよ!
 
日 2018年3月4日(日)
ところ 油山椿まつり会場にて(福岡市油山市民の森)
プレワーク:5名を事前募集 (メインワークは当日随時ご参加いただけます)
問合せ・申込はお電話で 092-871-2112 油山自然観察センター
 
日程
10:00~ プレワーク
 ■森の散策と素材調達
 ■製作体験
11:00~ メインワーク
 ■ 製作体験
 :随時受付・おひとり20分程度
14:30 終了
 
 
 
【しばりん】

第6回環境を守る活動報告会in南筑後

R0013569 - コピー

基調講演 「学生から始まる環境保全」
活動事例報告
・棚田を守る「笠原棚田米プロジェクト」、「笠原ヤギ倶楽部」山村塾
伝習館高校生物部 
 森里海の繋がりから見えてきたニホンウナギと私たちの未来
 
こののち、グループにわかれ、水辺の生き物を守るというテーマで
ワークショップ。守るために何をするか、ということをピンクのポストイットに
書きだしました。これは「来年度から始まる、福岡県の生物多様性戦略
第2期行動計画の展開にあたり参考に」するということで
みんな、一生懸命考えました。
 
各グループの報告で、人材育成、宣伝、汚濁物質を防ぐ
外来種対策、適切な土木工事などの分野かまんべんなく
挙げられていました。
 
印象に残ったこと
 福岡に来てすぐ、お味噌汁にいれるとおいしいと教えてもらったけど
 そんなことになっているなんて。
・出席者には、 釣りや採集をする人が多く、マイベスト印象に残る生物を
挙げあった中でミシシッピアカミミガメ、アメリカザリガニなど、
わかっているけど!と子どものころからたわむれた外来生物をあげた
方々がおられました。
どうつきあっていくか、ずっと考えておられるのだと思います。
 
個人的には、上流と下流の様々な連携、持続的な行動ができるための
資金など、もう少し具体的に「書き残せ」ればよかったな~ですが、
他のグループで、きっと書いてくれていることを祈ります。
 
ふく森&山村塾&矢部川をつなぐ会 小森事務局長に聞いていた
「以前は、冬には黒木から有明海に海苔の種付け加勢に
初夏には有明海から黒木にお茶摘み加勢に人的交流があった」と
いう話をグループで披露したときは、練達の皆さん、うーむ、でした。
 
若い発表者に対し、御長老が「活動を続けてくれるね」。
お米とウナギの経済で上流・下流をつなげ続ける方。
矢部川、筑後川中心とした地域のつながりを感じた時間でした。
 
ふと思い立ち、参加しましたが
出席された方々のお力を強く感じ、未熟だからと来る事さえためらっては
もったいないなとハンセイしました。
  
 
【しばりん】

鳥と人の映像・本

大阪での開催ですが2/11(日)に
みんぱく映画会・渡り鳥と人とのかかわりー北東アジアから考えるー
が開催されるそうです。
上映される映画「鳥の道を越えて」
は岐阜でかつてあった「カスミ網猟」にみられる、自然、渡り鳥と人のかかわり
を紹介するようです。
続いて樋口広芳先生もお話をされ、国境を超える鳥をとりあげられるようです。
 
自分にとって、思いで深い渡り鳥の本は
「カラス旦那のおよめとり」
エスキモーの人たちと、生物のかかわりがいきいきと
描かれています。
特に「手ばたき山」という章では、山脈を縫っての長い渡りの
厳しさが語られていて、主人公の鳥に心寄せてどきどきしながら
読みました。
今、岩波書店の紹介を読んだら、作者は生物学者で
フィールドワークに行って、現地の人から聞いた話とのこと。
 
映像のことが、最近、ふく森ミーティングで話題になったので
今年は酉年でないけど、いろいろ思い出しました。
  
 
【しばりん】 

広瀬資料館で江戸時代の日田の水害(大分合同新聞)

日田の広瀬資料館で、江戸時代の日田の水害に関する
展示を行っているのが、大分合同新聞に掲載されていました。記事はこちら。
 
広瀬資料館はこちら。
いつまで、展示されているのか、どちらにも記載がないので
行くときは、問い合わせてみるのがよいです。
  
 
【しばりん】
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ふくもり とは?

ふくおか森づくりネ...

ふくもりメモ
fukumori

★2017 森の講座★
『森を支える人々』
この秋、3つのシンポジウムを
開催します!

fukumori2017F


★2016 森の講座★
『森と親しむ』

報告書ができました!

ダウンロードはこちら↓(6MB)
fukumori2016



★facebookもよろしくおねがいします!
記事検索
  • ライブドアブログ