ふくおか森づくり日記

ふくおか森づくりネットワークのブログ

細い木

最近、ボランティア活動での伐採する木は
細くならなければと、折に触れ想う。

自分のフィールドで伐る木が
広葉樹で直径40㎝を超え、おのずと樹高も高いこと。
ロープで倒れる方向ほか、さまざまコントロールし
無事倒れるまで、血圧があがるような気がする。
リーダーは熟練のシニア連。
いつまで、元気に指導してくれるのか。

また、ナラ枯れをめぐる講座で、講師の方々が
見せてくださる、過去の里山の木が、ことごとく細い。
かつ疎。

いちばん、あーーと思ったのは、A廣先生が
久々に見せてくださった、BTCVの活動の写真。
英国のボランティアがつくる垣根は
細い木を伐採し、組まれている。
休日のボランティアって、こうだよね。

最近、ある若い方から、ゆるゆるとやりたい。
ボランティアなんだから、と言っていただいた。
わかる。
組織を維持していくには、手間がかかる。

自分も、科学的に、社会的に、適切な
森林活動を参加者としてやりたい。
冬の森で、ゆっくりと、体力に見合った
作業をするのは楽しい。

それには、木が細くないと、まずどうにも
ならない。

今、自分のフィールドの木が大きいのは
伐るべき時に伐る、作業含めて持続可能な
ビジョンが、少し足りなかったからではないかと
おもう。グッと、グリップして、将来的にできる
作業も含めて考えておけばよかったかも。

2005年ごろ、間伐世話役を、おあねえさまから
引き継いだ学生さんが、森の中、クヌギの胸高直径を書いた
リストのファイルをもって、やや青ざめたように
「どんどん伐っていかないと間に合わない」と
言っていたのを思い出す。
(そう、クヌギ林なのに、小面積皆伐世話役ではなかった)

そのころ、竹林の伐採とかに手を広げていた。
今は、その作業から、団体として、撤退して久しい。
あのころ、萌芽更新のことを真剣に考え
どんどん伐っておけばよかったのではと
古い会報を見ながら、思う。

しかし、こんなことを思うのは、そもそも
ボランティアとしてちょっとやりすぎのそしりを
免れないとも思う。


【しばりん】  

6/16(木)17時まで 福岡県森林環境税検討委員会の中間報告に対する意見募集中

現在、福岡県森林環境税検討委員会の中間報告に対する
意見募集を行っているとのことです。
詳細は、以下福岡県ホームページををご覧ください。

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/r4publiccomment.html

募集は令和4年6月16日(木)17時までとあります。


【しばりん】  

油山でハルゼミが鳴いていました

ヤマボウシ220510 - コピー
写真はアカマツ林で咲いていたヤマボウシ。
5月10日。桜の丘、市民の森管理事務所前あたりで
ハルゼミの声が聞こえました !
松林を住みかとする初夏のセミ。
明日からの土日は、お天気がよくなるようなので
ハルゼミもきっとよく鳴いてくれるでしょう。

ハルゼミは油山で連休前後によく聞こえるセミという印象があり
4月27日の時点で、レンジャーさんと、今年はまだ
聞こえないですね、と心配していました。
この時期、自然観察センターのカウンターで「ハルゼミ聞こえますか?」
の問いがよくあっています。
時期的に「冷やし中華ありますか?」みたいです。

さて、明るい曇りだった5/10は、センターがお世話している
モニタリングサイト1000の活動で油山を歩きました。
ツクシタツナミソウが草地にたくさん見えました。
この土日に油山に行かれる方、楽しんでください。

ハルゼミは福岡県の希少野生生物のひとつ。
すみかのひとつであるアカマツ林が減少しているから。
油山で、いつまでもハルゼミの声が聞こえますように。
「福岡県希少野生生物2014版 ハルゼミ」
ここからリンクしている2001版では、『4月下旬から6月上旬にかけて
マツ林で「ムゼー・ムゼー」と鳴くことでよく知られており』と
あります。


【しばりん】  

【募集中】令和4年度福岡県森林づくり活動安全講習会

福岡県では、森林づくり活動に参加する森林ボランティア
の方などを対象に、森林作業を安全に実施するための
講習会(無料)が開催されます。
今年度は、森林ボランティアの基礎知識から実践のための
実習まで、全8回(前期3回、中期3回、後期2回)の講座が
予定されています。
基礎講座、刈り払い機、下草刈り、竹林整備、間伐、
チェーンソー取り扱いなど多彩。
森林づくり活動の基礎を学びたい方や、技術をレベルアップ
させたい方向け。 
福岡県の事業を受託しているのが山村塾です。
詳しくは、下記山村塾のサイトをご覧ください。
https://sansonjuku.com/event-info/archives/215

初回の基礎講座はオンライン、実会議室があります。
オンラインの講座参加者には、資料郵送があるので
5月中旬までの申込のようです。

この講座昨年度参加したkawaさんから、森を育てる会会員
メーリングリストにご紹介があり、知りました。ありがとう。

山村塾
https://sansonjuku.com/

油山自然観察の森 森を育てる会


【しばりん】  

熊本県立大&東大&南稜高校が連携し、流域治水の研究スタート

掲題のことが、テレビくまもとで報道され
テキストと動画が紹介されています。

大学と、林業専攻の高校の連携。
同時に、河川工学(島谷先生)と森林水文学(蔵治先生)が
連携してのあらたな取り組みと思います。
報告会が楽しみです。

このことは林業ニュースで知りました。
いつもありがとう。


【しばりん】  
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ふくもり とは?

ふくおか森づくりネ...

ふくもりメモ
fukumori

★2019ふくもり企画★
『災害と向き合う森林と市民のこれから』
第13回森林と市民を結ぶ全国の集いin福岡から10年企画

報告書ができました!

fukumori2017F


★2016 森の講座★
『森と親しむ』

報告書ができました!

ダウンロードはこちら↓(6MB)
fukumori2016



★facebookもよろしくおねがいします!
記事検索
  • ライブドアブログ