ふくおか森づくり日記

ふくおか森づくりネットワークのブログ

針葉樹を活ける

階段からアカマツ林2


大河ドラマの初回を見ていたら、
松を活けているシーンがありました。
次回以降もいけばながあるようで、楽しみ。
 
年末、外にごはんを食べに行ったとき
ヒノキだけを金属の花入れに活けてあるのを見ました。
とても凛として年末らしかった。
なんという流派で、時候の意味があるのかなど
きいておけばよかった。
 
雑誌の新刊で、スイセンをいれたピッチャーの
口にかかるよう松を小さくいけているのを見ました。
 
植物を活けるのは三次元の造形、
植物の茎の力をあしらうこと
デザイン力
伝統の美の理解等々が発揮されると思います。
いずれも持ち合わせていないのが残念。
  

福岡市農林業総合計画(案)パブコメ

R0012164


写真は奈多の海岸林。
福岡の海岸林では、市民団体も協力して、クロマツの枯れた後に
マツを植栽したり、ザイセンチュウが初夏出てくる前の
細いマツの落枝を拾ったりの活動が行われています。

平成29年度から5年間の福岡市農林水産業振興の指針となる
福岡市農林業総合計画(案)の市民意見募集を福岡市役所が
1月11日まで実施しています。
 林業のみならず、森林の利用についてのプランも描かれています。
また、市内の特定の林地についてのプランも述べられています。
 「いいプランだなあ。」
「ここをこうすると、もっといいかも。」
などなど、考えて、コメント出してみるのも
市民と森林とのかかわりにとって大切なことかもね、と
知人から教えてもらいました。
 
 
【しばりん】

森の管理人になりたかった人

R0013339


画像は昨年の森の講座ワークショップ。グリーンウッドワークでつくる木ウソの
例として、講師久津輪雅先生が制作。
元旦の夜、ウィーンフィルニューイヤーコンサートの放送を見ました。
一部と二部の間で、日本のスタジオのトリンドル玲奈さんと、
長らくウィーンフィルのコンサートマスターを務められ、
最近退団されたライナー・キュッヒルさんのやりとりがありました。
「バイオリニストにならなかったら、何になりたかったですか?
 そしてそれはなぜですか?
「子どもの時、近くの森を歩くのが好きでした。だから、その森の
 管理人になりたかったです。
この管理人というのは、ドイツ語で何という単語で、どういう背景の言葉
だったんでしょうか。言葉が分からないのが、残念ですが。
1950年生まれのキュッヒルさんが歩いた森はどんな森だったのでしょう。
いつもながら、コンサートの聴衆は、心から楽しそうでした。
きっと、世界中で聴いていた人たちも。
  
 
【しばりん】

2017謹賀新年

皆様のご多幸、ご健勝をお祈りします。
今年も、ふくおか森づくりネットワークを、宜しくお願いいたします。

鶏1


干支の鶏。ふく森、木工の人、かまださん製作と撮影。
ドローナイフと普通のナイフで削ったそうです。
材はユリノキ。こんな色、肌合いなんですね。
カブトムシの森C地区に立っていたあの木が
いま、ここにこうしています。
  
 
【しばりん】 

全国ボランティアコーディネーター研究集会2017

掲題の集会が3月4,5日に大野城市内で開催されます。
以下に、5日に開催される
「身近な里地・里山を守る環境保全の実践から学ぶ」分科会と
集会全体の概要をコピペして貼り付けます。
詳細・申込は、ホームページご確認お願いします。 
・・・・・・・・・・・・・・・
■ B-10 分科会
【日時】3月5日 9:30~13:00
【定員】20名
【対象】環境保全に取り組むボランティアコーディネーター、
     リーダー養成に悩むボランティアリーダー
 
市民活動を推進するボランティア・リーダー育成と組織形成
~身近な里地・里山を守る環境保全の実践から学ぶ~
 
身近な自然である里地・里山が放置されるなか、より多くの市民参加が
求められています。特に、環境保全に関心のない市民層に広げていく
ためには、質の高いボランティア活動をコーディネーションできる
ボランティア・リーダーの育成と組織形成が必要です。この課題は、
様々な分野で共通するテーマです。
この分科会では、各フィールドで必要とされるリーダー像を確認し、
「安全」で「楽しい」活動を行うためのリーダー育成やリーダーを支える
組織、事業について議論を深めます。
 ファシリテーター
 上田 英司さん
 NPO法人NICE 事務局長/JVCA運営委員
事例発表者
 小森 耕太さん
  鹿住 貴之さん 認定NPO法人JUON NETWORK 事務局長/JVCA 理事
コメンテーター
朝廣 和夫さん
 詳細はこちら
・・・・・・・・・・・・・・
 ■ 全国ボランティアコーディネーター研究集会2017
[日 時] 2017年3月4日(土)10:30~3月5日(日)15:30
[会 場] 大野城まどかぴあ、大野城市総合福祉センターほか(福岡県大野城市)
[参 加 費]  12,000円(一般)、10,000円 (JVCA正会員、準会員)
                      ※「WEB早割」ならそれぞれ1,000円割引
[定 員] 250人
[申込締切] 2017年2月3日(金) ≪17:00必着≫
               ※「WEB早割」は2017年1月31日(火)≪17:00必着≫
               ※締切前に定員に達した場合は、その時点で締切とさせていただきます。
 詳細はこちら https://jvcc2017.jimdo.com/
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ふくもり とは?
ふくもりメモ
★2016 森の講座★
 『森と親しむ』

洋の東西で、人はどのように豊かに楽しく、森とつきあってきたのかを知り、
これからを考えます。

2016年秋、3つの講座を開催します
詳細はこちら↓から!

fukumori2016

★facebookもよろしくおねがいします!
記事検索
  • ライブドアブログ