ふくおか森づくり日記

ふくおか森づくりネットワークのブログ

あすみんへのアクセス

には過去、ふく森のイベント広報やミーティングなどで
お世話になってきました。
今年の春、今泉の天神CLASSという複合商業施設に転居されたので
5月にうかがってみました。
 
西鉄福岡駅からあすみんへ。
南口や、エレベーターから地上におり、
国体道路を横断し、赤坂方面に歩きます。
 
5分ほどでツタヤ書店さんがみえます。
その先、1階にソニーストア福岡天神
さんがはいるビルが天神CLASS
あすみんはこの4階。エレベーターであがります。
 
エレベーター前に至るのにふたつのルートがあります。
ルート1
矢印のところから少し階段をあがって天神CLASSに
はいり、うなぎの寝床的廊下を歩いてエレベーター前に。

R0013249 - コピー

ルート2
ツタヤさんと天神CLASSの間の道をはいります。
左手にツタヤさんの駐車場がみえます。

R0013250 - コピー

ここがあすみんに最も近い駐車場。(2016年5月現在)
駐車場前から、天神CLASSを見るとスロープがあります。
(バーは、たまたまこの日工事中だった様子で、通常は
ないです)

R0013252 - コピー

スロープをあがっていくと、天神CLASSの
もうひとつの入り口があります。
矢印の先にエレベーターがあります。
これにのって4階のあすみんに行きます。
ちなみに廊下の先に明るく見えるのが国体道路に面したルート1の入り口です。

R0013253 - コピー (2)

 11月になっては、うかがっていないので様子がかわっているかも
しれません。アクセスは、あすみんにお電話などで
お確かめされるのがいいかと思います。
 
なお、今泉地区にはコインパーキングが比較的多くあります。
また警固公園地下の福岡中央自動車駐車場は240台(23時まで出庫可)
とのことです。
 
【しばりん】

木たると「ごったん」

鹿児島の木樽つくりと、「ごったん」という杉でできた
三味線のような楽器が紹介される番組が、日曜に放送です。
 
アサタビ!
11/27 日曜日 NHK総合(たぶん九州内)
午前7時45分~ 午前8時10分
「おじゃったもんせ!大隅半島~鹿児島県 曽於・志布志~」
  
 
【しばりん】

早朝放送「タヌキと日本人」

11月25日(金)04:20NHK総合「視点論点」
タイトルは「タヌキと日本人」
高槻成紀先生が話されます。
 
 
【しばりん】

千早でフィンランドと木

福岡市東区の なみきスクエアは、市民センター、音楽・演劇練習場図書館などがはいっている公的施設です。 

ただ今「フィンランドフェスタ」期間中で、1階で
フィンランドデザイン最前線  【20日まで】開催されていました。 
フィンランドのデザイナー&建築家、アアルトを紹介したパネルで
「家具デザインでは、フィンランドで豊富にあるが本来家具材料には
適さないカバ材などを用いたデザイン開発に力を注いだ。その結果
生まれた家具は木材を自由に曲げてつくった座板や足の造形に
大きな特徴があり、ナチュラルかつシンプルで親しみやすく、今でも
世界中で愛用されている」とあり、森林や木材に関心をもつ人に
是非みて欲しい展示、と思いました。

161113_1731~01


 イッタラのコップに、電子ろうそくを入れたあかりが引き立つ
テーブルなど、インテリアにうとい自分も、うっとりする展示が続きます。

161113_1737~02

最後に、薪でつくった椅子の展示がありました。
この作家さんを招いたトークイベントも近日開催だそうです。

161113_1737~01

会場でご担当者にうかがうと、グッドライフセレクションという
企画だそうです。チラシの裏に詳細がありました。
この施設は、今年オープンし、指定管理者による運営ですが
指定管理者選考に際し、こういった企画の提案が
ポイントのひとつになっているのかな?とも思いました。
(違っていたらすみません)
今年、フィンランドと福岡に直行便ができたことも
この企画のきっかけのひとつのようです。
 
ともあれ、東区千早を今月20日までに通りかかったら
是非。駐車場あり、駅近です。
 
以下チラシからコピペ。
行かれる時は、施設ホームページなど、よくご確認ください。
【一部】トーク「フィンランドの暮らしとデザインのあいだに」
フィンランド・アールト大学に一年間研究留学していた岡田朋之氏(関西大学)が、
フィンランドの暮らしとデザインについて写真スライドを交えて楽しく紹介します。
ゲスト/岡田朋之(関西大学)
■時間/14:00~16:00 (当日受付 13:30より受付開始)
■会場/ひまわりひろば
■参加費:300円
 
11月20日(日)
スペシャルトーク
「フィンランドの暮らしとデザイン」
■ゲスト/Tapio Anttila(フィンランド人デザイナー)
■時間/17:00~18:30 ■会場/ひまわりひろば
フィンランドからデザイナーTapio Antilla(タピオ・アンティラ)氏と
展示会場のデザインをした岡大輔氏による対談。

図書館でもフィンランドコーナーが開設中です。
このコーナーにあった本でアアルトのことを、
チラシで催事を知りました。
  
 
【しばりん】

森林の時間感覚

コピー ~ 080901杉岡製所土場

写真は2008年杉岡さんへ打ち合わせに、小森事務局長について
伺った折、土場で。数えきれない年輪に圧倒されました。

ふく森が、森の講座(森林づくり活動公募事業)を開催してきて、
途中1年お休みしましたが9か年となります。
林業の現場にうかがい、講座で、林家さんもお迎えしてきました。
この方々のお話に共通するのは
前の世代への感謝、後の世代への祈りでした。
 
父君から聞いた、戦争の時供出した木材について語られ
「戦争が森づくりを妨げた」というお話。
ご自宅内の荒神さまに祈る暮らし。
幼い息子さんが、曾祖父が植えた山から家に戻るとき
「ひいじいちゃん、またね」と山によびかける声。
 
森づくりは世代を渡る事業ということと
日々や年度で回る、私たちの時間感覚の違い。
森の時間に、時に寄り添うことの大切さを感じました。
 
明日の「福岡県の森林・林業の歴史」は
長い歴史を感じ、明日を考える時間になると思います。
林業技術の行政人として、福岡の山々を学び
歩ききってこられた、福島敏彦さんをお迎えします。
ごいっしょに、森の時間を感じることができればと思います。
まだ、お席がありますので、よろしかったら、どうぞ
あいれふ講堂にお越しください。
11月15日(火) 18時半から20時半までです。詳細は↓
ブログランキングへクリックで応援よろしくおねがいします
 
【しばりん】
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ふくもり とは?
ふくもりメモ
★2016 森の講座★
 『森と親しむ』

洋の東西で、人はどのように豊かに楽しく、森とつきあってきたのかを知り、
これからを考えます。

2016年秋、3つの講座を開催します
詳細はこちら↓から!

fukumori2016

★facebookもよろしくおねがいします!
記事検索
  • ライブドアブログ