ふくおか森づくり日記

ふくおか森づくりネットワークのブログ

2006年02月

市街地の中の緑の小島

どうもー。
「こうのす里山くらぶ」は福岡市の市街地のど真ん中で活動してます。
農村地帯や奥山で取組まれている里山保全活動と違って、歩いて5分でコンビニも小中学校もあります。
ちょっと前につくったものですが福岡市近郊の土地利用変化の図面を持ってきましたよ。
すごい勢いで失われた農地と雑木林。右の図面、真っ赤な市街地の中にポツポツと緑が残っています。真ん中あたりに左上から右下に三つ続けてある緑の小島。その真ん中が鴻巣山です。
tochiriyou.jpg

ウォーキングや犬の散歩などで一般の人も頻繁に私たちの活動地を目にします。町の中でやってる活動の最大の特徴であり利点だと思っています。
里山や森づくりなどに興味を持ってもらう「入口」にしたいなあ、と考えています。

それだけに作業はきれいに!堆肥ヤードにガチャガチャと詰め込むのはやめよう!

【こうのす里山くらぶ:しがそうし】

こうのすってことは昔はコウノトリが営巣してたのかな?←ランキングへ

「ヤマセミ 健在」

久しぶりに那珂川に行った。五ヶ山ダムやトンネル工事で川は姿を変えていた。もう何年も姿を見ていなかったヤマセミが目の前を通り過ぎて行った。人里近くで暮らす彼らのためにできることからはじめよう!【森を育てる会 鎌田 隆】
img20060228.jpg

ヤマセミ がんばれと応援したい方 クリックして応援してください!←ランキングへ 続きを読む

技術習得制度モデル講習会「機械編」報告の前振り

山仕事のプロ達の視線が、講師の石垣氏の手元に釘付け。

img20060227.jpg


2月25、26日は技術習得制度モデル講習会「機械編」が、黒木町の山村塾で行われました。
これは、2月4、5日におこなわれた「手道具編」に続く第2弾です。

【森を育てる会 もりじゅん】

男たちの視線が熱い!と思った方は、ここをクリックして応援してください。←ランキングへ 続きを読む

春の蝶

神社の駐車場に車を停め、なにやら背後で虫の気配を感じた。
振り返ると陽だまりで蝶が舞っている。
木の幹にとまったところを近づいてみると冬眠から覚めたアカタテハ?でした。羽がピンとしたきれいな体 
でも結構毛深いのね。君って!【森を育てる会 鎌田 隆】

チョウに春を感じた方 クリックして応援してください!←ランキングへ

img20060224.jpg

薪割りっていいね。

どうもー。
最近、立て続けに大阪や三重の里山活動の現場に行くことがありました。薪ストーブや炭焼き釜、ペレット(木屑を粒状に押し固めた燃料)製造機など木を燃料として使う場面を多く目にして、「あ〜、やっぱり里山の木は伐ったらきちんと使いたい」という思いをあらたにしました。
こうのす里山くらぶの活動では、保全目的で大変立派な広葉樹の木を伐るのですが、市の土地なので、現状ではそれを持ち出したり燃やしたりというのはできません。残念。
もったいないなあ、、、。どうにかできんですか?
里山作業から出る材(間伐材、竹、ツル、落ち葉)をいかに活用するか、これからも考えていきましょう。

薪割りしてみたい人はクリック!←ランキングへ

【こうのす里山くらぶ:しがそうし】

img20060223.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ふくもり とは?

ふくおか森づくりネ...

ふくもりメモ
fukumori

★2019ふくもり企画★
『災害と向き合う森林と市民のこれから』
第13回森林と市民を結ぶ全国の集いin福岡から10年企画

報告書ができました!

fukumori2017F


★2016 森の講座★
『森と親しむ』

報告書ができました!

ダウンロードはこちら↓(6MB)
fukumori2016



★facebookもよろしくおねがいします!
記事検索
  • ライブドアブログ