6月4日(日)放送「大空間を作る!束ねて重ねた木材のパワー」
以下、番組URLより
「熊本県山鹿市の「工芸社・ハヤタ」は国産材復活の起爆剤と期待される
製品を開発した。
杉の製材を専用の樹脂で圧着し『束ねる(Binding)』・『重ねる(Piling)』
という手順を経て作る「杉BP材」だ。2015年、杉による重ね材としては
日本で初めて国土交通大臣認定を取得した。さらに、独自に開発した構法で
組み立てることで鉄筋コンクリート造に匹敵する体育館やアリーナなどの
建設が可能になった。新技術の開発に挑む技術者の姿を追う。
番組「世界一の九州が始まる
放送時間帯は、http://rkb.jp/sekakyu/ 
まで。(RKBホームページ)
・・・・・・・・・
以上、九森MLへの投稿で知りました。
ご投稿くださった方ありがとうございます。
番組FBには予告の動画もあります
  
 
【しばりん】